トップページ // 感染症情報 // RSウイルス感染症

キッズクリニックはせがわ

〒327-0843
栃木県佐野市堀米町3946-6

【電話番号】
0283-27-0200

詳しい地図を見る

感染症情報

RSウイルス感染症

上気道炎、細気管支炎、肺炎の原因になります。年長児が感染すると軽い上気道炎ですみますが、小さな乳幼児がかかると呼吸が苦しくなる細気管支炎になることがあります。

【細気管支炎とは】

ゼイゼイと息苦しくなる病気です。寒い季節に多く見られます。咳や鼻水、鼻づまりなどの風邪の症状で始まります。しだいに咳がひどくなり、ゼイゼイと苦しそうな息になってきます。ゼイゼイが治まっても痰がからんだ咳がしばらく続きます。

【治療】

  • 根本的な治療はなく、痰をとる薬などの対症療法で対処します。
  • 外来での治療で治っていくこともありますが、重症になると入院が必要になります。
  • 特に、6ヶ月未満の赤ちゃん、未熟児や生まれつき心臓病がある 子どもは重症になりやすい傾向があります。

【家庭での療養】

(1)呼吸が苦しそうなときは、背中をやさしくたたいたり、体を起こすように抱っこしてあげてください。
(2)鼻がつまっているときは綿棒でそうじしたり、鼻水を吸い取ってみましょう。
(3)部屋が乾燥しないように工夫しましょう。
(4)ミルクは1回量を少なくし、何回も分けて与えましょう。

感染症情報トップページ戻る